So-net無料ブログ作成

ioPLAZA【DVDミレル】

渦 妹背山婦女庭訓 魂結び [読書]

タイトルからは私には全くどんな話か想像ができなかったのですが、江戸時代の浄瑠璃作家である近松半二の一生が描かれていました。

父親の穂積以貫に連れられて小さいころから浄瑠璃を見てきた成章はすっかり浄瑠璃にハマり浄瑠璃なしでは生きていけないような人間になってしまい、母親と折り合いが合わず家を出ることになります。
その時に近松門左衛門の硯を父親から譲り受け、いつか浄瑠璃作家になるときには近松姓を名乗ると決め、名前も半二と変えました。
京にいる父親の師の下にいたあとは大阪へ戻ってきて、また浄瑠璃の竹本座に入り浸るようになり、とうとう何か書いてみろと言われ作家への道が始まります。といっても舞台にかけられるようになるまでにはだいぶかかりますが。。
妹背山婦女庭訓は半二が中心になって渾身を振り絞った作品としてこの小説内で描かれています。

私は浄瑠璃は観たことが無いのですが、近松半二の作品として現在でも上演されているようなので良い作品なんでしょうね。

そういえば、先日天皇陛下の即位の礼がありましたが、その後安倍首相が開いた晩餐会では歌舞伎、浄瑠璃、狂言が初共演されてましたね。
今回のこの小説を読んで、歌舞伎、浄瑠璃はそれぞれの作品が良ければ自分たち向けに作り直して同じ演目を披露していたことを知りました。それを思うと晩餐会での共演というのも全く無理のあるものではないのだろうなと思いました。



【第161回 直木賞受賞作】 渦 妹背山婦女庭訓 魂結び

【第161回 直木賞受賞作】 渦 妹背山婦女庭訓 魂結び

  • 作者: 大島 真寿美
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2019/03/11
  • メディア: 単行本





渦 妹背山婦女庭訓 魂結び (文春e-book)

渦 妹背山婦女庭訓 魂結び (文春e-book)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2019/03/11
  • メディア: Kindle版






nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:

CEATEC JAPAN 2019 [イベント]

CEATEC JAPANに行ってきました。
やっぱり今の技術に触れられるのは楽しいです。今回観てきた感想?を記載します。

今回観て今後のキーワードはまず以下が挙げられるでしょう。
①5G(通信)
②8K(映像)
③AI
個人的には以下のものもあげていいと思ってます。
④においセンサー
⑤多言語対応

①②③は普通なので置いておいてその他について記載すると
④においセンサー
以前の展示会では私が見た限りでは1社が1つのにおいに関してセンサーを開発したものが出されていましたが、今回は少なくとも3社あり更ににおいのバリエーションが増えていました。今ではほぼ当たり前といっていいIoTではセンサーは当たり前に活用される技術分野です。この分野で新しい種類のセンサーが大きく発展してきていると感じました。
⑤多言語対応
多言語翻訳でポケトークは有名ですがそれと同じ流れなのでしょう。多言語(翻訳、対応)というキーワードはよく見かけられました。2020年オリンピックに向けてや海外からの就業者向けと考えました。日本にとってはかなり普及していく分野なのではないかと考えています。





nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

希望の糸 [読書]

久しぶりに加賀恭一郎シリーズを読みました。
加賀恭一郎シリーズといっても今回の話の主人公は恭一郎ではありません。恭一郎と同じく本庁の刑事で従兄弟でもある松宮が主役です。恭一郎が仕切る特別捜査本部で松宮が捜査するので、恭一郎はたまに出てくる程度でした。

1つの殺人事件と松宮の家族(いないはずの父親)の話が並行して進んでいきます。共通点は家族。

殺人事件は当初難航しましたが、ふとしたことで解決してしまいます。ただ、松宮が腑に落ちないことから捜査を続けていきます。真実がわかるにつれ松宮はその真実を公表すべきかに悩みます。
全ては関係する人たちの家族のため。
恭一郎は松宮に”刑事は真相を解明すればいいわけではなく、本人たちによって引き出されるべき真実というものもある。その見極めに頭を悩ませるのがいい刑事だ”と言っています。さすが、人情派ですね。存在感を出してます。

また、松宮のお父さんについては複雑な状況だったことがわかり、家族としてのつながりが切れていなかったことに感謝します。事件によって家族というものを考えたことによる効果でもあるのでしょう。

加賀恭一郎シリーズは単なる刑事ものではないというところが魅力ですね。



希望の糸

希望の糸

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/07/05
  • メディア: 単行本






nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。